FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ss[chess(後)]

最近、卒業直前で忙しくてss書く時間がまるでありませんでした。
こんなの大した言い訳にはなりませんがorz
追記からssです。
「フェイトちゃん!」
俯きながらトボトボと歩くフェイトになのはが後ろから声をかける。フェイトは振り返ってなのはの方を見るが、またすぐに俯いてしまう。なのはは全力疾走で乱れた呼吸を整え、再びフェイトに話しかける。
「ハァ、ハァ、やっと、追いついたよ、フェイトちゃん」
「…あ、あの、なのは、ゴメン。私…」
「ストップ、フェイトちゃん。私はフェイトちゃんに謝ってほしくて追いかけてきたんじゃないよ」
「え?」
「ねぇ、フェイトちゃん。フェイトちゃんはまだチェスやってみたい?」
「そ、それは…」
「正直に言って」
「負けっぱなしは悔しいから、なのはやアリサに勝てるまでは続けたい」
「じゃあ、たくさん練習しないとだね♪」
「うん!でも、まずはアリサ達に謝らないと…」
「そうだね、メールでもしてみたらいいんじゃないかな?」
「うん、そうする。……ん?」
「どうしたの?」
「アリサからメールがきてる」
「アリサちゃんから?何て?」
「え~っと、『今日は悪かったわね。でも弱すぎるアンタも悪いのよ!次はもっとマシな勝負が出来るようになりなさい』だって」
「にゃはは、アリサちゃんらしいなぁ。今返信しちゃったら?」
「そうするよ」
「何て送るの?」
「え~っとね、私の方こそ勝手に出て行ってゴメンなさい。今度は負けないようにするからまた相手してね。かな」
「うん、それでいいと思うよ」
「じゃあ、送信♪」
そして、しばらく沈黙が続く。
「「ねぇ、フェイトちゃん(なのは)」」
「な~に?フェイトちゃん」
「いや、なのはからでいいよ」
「えぇ~?ここはフェイトちゃんから言ってほしいなぁ」
「う、うん。え~っと、ね。…なのは!も、もし良かったらこれから私にチェス教えてくれないかな…?」
恥ずかしがっているのか、フェイトの声はどんどん小さくなっていく。なのははそんなフェイトに微笑みながら、力強く言う。
「もちろん!いいに決まってるよ!私もフェイトちゃんにこれからチェス教えてあげたいと思ってたんだ」
「ホント?ありがとうなのは!」
フェイトは嬉しくなってなのはに抱きつく。突然のことだったので、なのははバランスを崩してしまったが、なんとか倒れないように踏みとどまった。
「もう、フェイトちゃん。いきなりだと危ないよ」
「うぅ、ゴメン、なのは。嬉しくて、つい…」
「にゃはは、まぁ、フェイトちゃんがくっついてるのは嬉しいし、別に怒ってるわけじゃないから謝らなくていいよ♪」
「うん…///」
「じゃ、明日は休みだし、これから家においでよ。もちろんお泊りで♪」
「うん!じゃあ一旦家に帰って準備して行くね!」
そう言うと、フェイトは嬉しそうにして家に向かって走っていく。
「ちょ、フェイトちゃ~ん!途中までは一緒に行こうよ~!」
なのはも慌ててフェイトの後を走って追いかける。
「あ、なのは。ゴメン!」
「もう、ひどいよ、フェイトちゃん」
この後、なのは達は夜通しチェスをやり、数日後にはアリサが悔しがることになるのでした。










おしまい。


このチェスの話、無駄に長くなりすぎたorz
失敗失敗w構成力が足りない証拠です。がんばらないと。
で、時間がないと余計に頭がおかしくなります。
↓に白字で病的な文章を晒しておきます。見ても引かないでくださいね(マジで


[チェスの練習???]

「いい、フェイトちゃん!チェスの駒は自分の分身なの!」
「自分の分身…」
「そう、だから大切に、愛しく思う必要があるの!チェスを愛することが大事なの!」
「チェスをあいす…る…?どうすればいいの?なのは」
「…まずは服を脱いで♪」
「ふ、服を脱ぐの?な、なんで?恥ずかしいし、それ以前に訳がわからないよ…」
「私しかいないし、大丈夫だよ。脱いだらすぐに教えてあげるから、ね?」
「な、なのはがそう言うなら…」
「下着も脱いで全裸になってね」
「う、うん…」
「じゃあ、始めるよ」
「な、何すればいいの?」
「もちろん、チェスを愛するんだよ」
「え?どういう…?」
「う~ん、そうだね~、とりあえず最初は口でやってみよう」
「口で…?」
「この間、私の指を愛してくれたでしょ?あんな感じで」
「え!?あ、愛するってそういうことなの?意味あるのかな?」
「もちろんあるの。例えばフェイトちゃんは私のことが好きで、愛してくれてるでしょ?」
「うん!もちろんだよ、なのは!」
「ありがと。で、フェイトちゃんはそんな私が敵に獲られちゃったどう思う?」
「っ…!イヤだ…よ…」
「でしょ?だからチェスを愛すれば、獲られるのがイヤになる。そして、獲られないようにするから自然と強くなるんだよ」
「な。なるほど!」
「だから、体全体でチェスを愛してあげてね。私も手伝ってあげるから…ね…」

この後どうなったかは想像にお任せします。と、言いたいんですけど、
もうすぐ卒業で、その後、日本で寮生活になるため、ss書ける時間が完全になくなっちゃいます。
なので、もし続きが見たいって人がいたら拍手を押してください。続きは勿論アレな感じになるので、注意してください。金曜が終わるまでに10以上いったらupします。



それでは、また。
スポンサーサイト

theme : 同人小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

No title

そう来ましたか。よもやの『駒』……今回も全くの予想外でしたwてぃーなっくすさんGJ!
6月に卒業って言ってましたものね~ご卒業おめでとうございます(´ω`)ノ
で、その記念に年齢制限完全解禁!でしたよねw
続き期待しとりますよ!ワクテカして正座して待ってます(多分…笑)
このコメも拍手一つ分になるのかな…w

No title

 さすが、なのはさんですね。チェスの特訓とかこつけて、「夜」の特訓をさせるなんて!!!!!
 こいつは、特訓の内容をみないと死んでも死にきれませんねぇ~。なので、ぽちっとな(拍手押す
 それと、ご卒業おめでとうございます(ぺこり 卒業というのは、なにかとめでたいものでありますからね~。まぁ、寂しくもありますがね(苦笑
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。
 P.S.てぃーなっくすさんは「ss祭り」どうされますか? 小ネタでもOKですので、ご一考くださると嬉しいです。

Re: No title

>かなた様
色々とありがとうございます。
続きを期待されましても、宣言した目標を超えない場合は需要なし、ということでupしませんw
ぶっちゃけ、初っ端からアブノーマルで行くのもアレなので、万が一拍手数が10いっても先に他のものを上げる予定です。
コメントは拍手とは別にするつもりです。ゴメンなさいw

Re: No title

>魔ぎゅなむ様
なのはさんの思惑はその通りですが、
なのはさんの言うことを簡単に信じてしまうフェイトさんもちょっと、ねw
ありがとうございます。私はあまり寂しさは感じてないですけどwこれからも頑張りますよ~
P.S お知らせを見てから、祭用のssは書き始めてます。
ですので、一応参加の方向でお願いします。
プロフィール

てぃーなっくす

Author:てぃーなっくす




てぃーなっくすと申します。
このブログには自分の日記を書いたり、たまに百合的なssを書いたりしようと思ってます。最近はリリカルなのはとアイマスにはまってるんで、主にそれの二次創作をするつもりです。苦手な方はバックで、興味ある人は期待せずに見てください。よそのサイト様ではt-naxとアルファベットを使っていたりもしますが、HNにこだわりは全く無いですw
このサイトはリンクフリーです。万が一にも気に入った方がいたらご自由にどうぞ。御用の方はコメント、拍手、またはtnax.loveinlyrical☆gmail.com
(☆は@にしてください)まで気軽にメールしてください。

それとtwitter始めてみました。
http://twitter.com/tnax1128
↑で下らないことを呟くことになると思います。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。